前へ
次へ

価値観で選ぶことになる

会社や業種を絞らずに、求人情報を出す会社の説明会をまわり、最初に内定をくれるところに就職する者もいるでしょう。しかし、すぐに転職してしまう問題も出てきます。経験がある、能力が高い、そうした社員が活躍してくれなければ、企業サイドは痛手です。新卒採用も中小企業であったり、雇われ店長であれば重要です。期待したほど求人が集まらない、学生はどんな説明会に来たがるのか、そもそも採用ノウハウがないのなら、手探りになります。メディアで話題にもならず、上場していないのなら、求人サイトに登録してもエントリーしてくれるかも定かではないでしょう。社員数800、アルバイト数4000、メディア露出もある成功者によれば、求職者に企業方針を共感してもらうことが第一ミッションだといい、人事を担う人材採用開発チームの努力の賜物だといいます。いい会社というのは、ホワイト企業だからいいのか、株価や業績などの目先の評判なのか、はたまたイメージ先行なのか、求職者は案外いい加減な感覚でいます。もちろん、正解があるワケでなく、企業と求職者のフィーリングです。合う、合わないの判断です。最終的には価値観になります。

Page Top